基本的に自分は生活にゆとりもへったくれもない、
貧乏の沼を這うような人生を送っている。

そんな貧乏生活の中でも、食事は希望であり唯一の楽しみである。
極めて貧乏臭いが、炊きたてのごはんと、そこに簡素なおかずが一品あるだけで充分幸せなのだ。
給料日前など相当行き詰まっているときは、粉末の味噌汁かけごはんか、
あるいは塩漬けした大根の葉っぱめしになるのだが、それでもまあ何とかなる。

普段よくやっているのは、サバの水煮缶に刻みネギ、大根おろしを添えて醤油を垂らしてごはんをかきこむ。
またあるときは、オクラと納豆をグチャグチャにかき混ぜたものにおろし生姜を入れて、ごはんにドバッと乗せる。
そして待ちに待った給料日後には、しらす丼かカツ丼を作る。
食事は毎日こんな感じだ。
野菜不足にはならないように、健康生活を飲んでいる。

うちから歩いて20分くらいの駅前に、私の高校の3年先輩の人がやっている喫茶店があります。
「珈琲庵」という喫茶店ですが、こだわりのコーヒーが飲めて、
インテリアは1970年代から変わっていない昭和レトロの雰囲気で、とても落ち着く空間です。

先輩に挨拶がてら、1週間か2週間に1回ぐらいはコーヒーを飲みに訪れます。
ふだんは節約のためマクドナルドの100円コーヒーやドトールコーヒーを飲んでいるので、
喫茶店の本格的なコーヒーはとてもおいしく感じられます。

今日、消費税が上がってから初めてこの喫茶店に行きました。
さすがは珈琲庵というか、メニューの値段は変わっていませんでした。
先輩のマスターがコーヒー好きがつのって始めたお店ですから、半分は趣味でやっているんだと思います。

鎌倉には多いタイプのお店ですが、ここもマスターのこだわりを感じました。

その昔、うら若き乙女であった私は、
学習用の下敷きにピンクのさくらんぼ柄のデザインのものを使っていた。

私はその下敷きのことが憎らしくて憎らしくてたまらなかった。
何故かというと、これは黒歴史なのだが、
当時はコウモリやドクロなどのロックテイストのデザインのものが好きで、筆箱やカバンもちょうどそんな感じだったのだ。
神がかったダサい身なりで街を歩いていた自分を張り倒したくなる。

そんなわけで、私物をロックに統一しているにも関わらず、
下敷きだけさくらんぼ柄でキュートなのが許せなかったのだ。
それなら新しいものを買えばいいのだが、
私は下敷きにローリングストーンズのシンボルである唇のイラストを赤マジックで描いた。
それが背徳的でかっこいいことのように思っていたのだ。

しかし、土壇場で学校に持って行くのが恥ずかしくなり、下敷きは捨てた。

ユニクロでニューヨーク近代美術館とコラボしているTシャツが値下げになっているので3枚ほど購入しました。

今日はキース・ヘリングの絵がプリントされたTシャツというかチュニックを入手。
モノトーンの絵柄なので、手持ちのブルーやレッドのカーディガンやパープルや薄いグリーンのカーディガンとも合わせることができます。
初夏から夏に向けての服として使い勝手が良さそうです。
1000円ちょっとでアートを身につけられるというのは嬉しく、ユニクロを愛用している理由の一つです。

細い黒のベルトも700円台になっていたので一緒にゲットしました。
ベルトをつけるとちょっとオシャレ度が増して見えます。
いろいろ組み合わせを考えながら、これを着る季節を待つというのは楽しいひとときですね。

深夜に放送している、「東京ライブ24時」ジャニーズのお悩み相談の番組、
何気なく初回を見たら面白くて、2日目から録画して見ています。

ナナナとのトークや、生放送ならではの色々なハプニング、
そしてジャニーズの皆さんが焦ったりしているのも面白いです。

印象的だったのは、TOKIOの松岡くんの的確なアドバイス、KinkiKidsの堂本さんの優しさ、
NEWSの小山くんの間に合わない生着替(笑)など。
みなさん真剣に悩みに向き合っているのもカッコイイ。

ほかの番組では見られない、ジャニーズのみなさんの意外な一面もみられ、毎日楽しんでいます。
でもこの番組、二週間の限定なんですよね。残念な事に。
また放送してくれるといいなぁ。

そして今度は、ジャニーズの違う方々のお悩み相談も見てみたいですね。

先日時間があったのでお好み焼きを友人と食べてきました!

何をたべようかな・・・二人で散策していてお好み焼き屋の前をとったときいい匂いがして思わず入ってしまいました。
お好み焼きって、時々無性に食べたくなる食べ物の一つですね。
飲みつつ食べるのでお好み焼きは二人で一つ、あと3品ほどサイドメニューを頼みました。

サラダなどをつつきつつ、ビールで待つこと10分。
お好み焼きが出てきました。ミックスで関西風お好みです。

私は広島風も大好きなんですが、関西風も好きなんです。
広島はキャベツを生地で蒸して焼くので、甘みが増してほんとおいしいですよね。
関西風は生地にいろいろ混ぜ込んで焼きます。
こちらは海老だとか豚肉のうまみが感じられて、ビールや酎ハイによく合うんです。

そんなこんなでぺろりと平らげました。もう一枚行けそうでしたが、カロリーを気にしつつ店を後にしました。

これから夏に向けて、どんどん暑くなりますね!
そしたらまた冷えたビールを片手に熱いお好み焼きをハフハフぱくつきたいと思います!

昨日はポカポカ陽気で風も弱くて、絶好のお花見日和でした。
なので私も桜を見に行ってきました。
なかなかないですよね、晴れて風が弱い春の日って。

近所に川沿いの桜並木があるので、そこを散歩。
みんな考えることは同じで、お花見散歩をしている人がたくさんいました。

桜は、5分咲き位かと思いきや、もうしっかり満開でした!
この土地に移り住んでから毎年ここの桜を見に来るのですが、毎年キレイだな~って思えます。
そして、毎年見に来られるのって幸せなことだよね、と思ったりします。

桜並木を端から端まで歩いて、写真も撮ってゆったり帰りました。
午後から行ったのですが、お弁当持って桜の下でお昼を食べるのもいいな~。
お弁当作るのが面倒なんだけど…。誰か作って(笑)!

春になるとテレビ番組が終わったり、反対に始まったりといろいろと変化があります。
そんな中でも、一番変化が大きかったと言えるのは「笑っていいとも」が終わってしまったことではないでしょうか。

意識して見る、ということは最近ありませんでしたが、
お昼にテレビをつけると当り前のようにやっていた番組がもうやっていない、というのはなかなかさびしいものです。

なんでも、この番組は「単一の司会者がホストを務める番組でもっとも長寿のもの」としてギネスブックに認定されたこともあるとか。
最終的には32年もの間続いたそうです。

始まったときは赤ちゃんだった子が、大人になって結婚して子供をもうけていてもおかしくないだけの年月ですよね。
何事においてもそうだと思うんですが、一つのことを長く続けるのは大変な努力と覚悟がいると思います。
ただふざけているだけのようだった番組でも、裏にはそういったものが隠されていたのではないかと思うのです。
タモリさん、お疲れ様でした。

現在センバツ高校野球が開催されており、プロ野球も開幕しました。

野球というと、野球の審判が本塁に一塁から三塁、更に外野にも審判がいるのですが、
アウトかセーフかを一瞬で見るという難しい事が出来るなんて、何だか尊敬してしまいますね。

そこで私は、こんな野球の審判は嫌だ、という事について一人で勝手に考えてみました。

先ずはアウトかセーフかの判定を、コロコロと変えてくる審判で、
こういう紛らわしい審判に判定されると、選手が混乱してしまい、観客たちからもブーイングが来るでしょう。

それとランナーがベースまで走ってくるのに、ボーっとしていて、ア
ウトかセーフか重要な所を見ていない審判であり、審判が重要な所を見ていないのならば、
試合が進まず、最悪の場合、大乱闘になる可能性がありそうですね。

こういう審判は現実にはいないのですが、
もし万が一そういう審判がいてたら、間違いなくクビになると思いますね。

マンションの6階に住んでいるため、見晴らしが大変良く気に入っています。
都会に住んでいる訳ではないので、リビングから見える景色は、のどかな山々と住宅です。

山々が、真冬には「雪景色」になり、スマホで記念に撮影しておきました。
春になれば、山々は青々してきます。そして、一番良い時期は4月です。
桜がちらほらと咲き出しますので、あの木は桜だったんだなぁ、と改めて思います。

アメリカに住む友人が「日本の桜を懐かしく思う。見たいな。」と、先日メールで送られてきました。
アメリカにもあるのですが「日本の桜」をやはり見たいそうです。
今では、メールに写真を添え付ければ、簡単に見せてあげることが出来ます。
ですので、今度花見へ行った時に、桜の花を何枚か送ってあげようと思います。