三月も終わりに差しかかると、外はすっかり春めいている。
そろそろ毛布をしまう。
コートのモコモコの部分だけ外す。
ストーブやファンヒーターの掃除をして片付ける。
そして、いよいよきたないコタツ布団を洗わなくてはならない。

嫌だ。

コタツを出している期間は長い。
10月下旬にはぬくぬくしたくなっているので、その頃には出している。
そして、コタツを付けなくても布団があるとほどよくぬくぬくして気持ちがいいから、それから半年ほどは世話になる。
よって、一年の半分はコタツと一緒に過ごしていることになる。
そうなると、当然その間にみかんの汁を飛ばしたり、
カレーうどんの汁を飛ばしたり、コーヒーをこぼしたりしているので、コタツ布団はとても汚くなる。

今年もあとひと月くらい経つと、洗濯してやらなきゃなあ。

Comments are closed.