どういうわけか、買い物に行ったときにあらかじめ買い物リストを作り、
ネットで目星を付けたものに限って、実際に店に行くと置いていなかったりする。

私は普段ちまちました買い物しかしないので、せいぜい古本屋に欲しい本が置いていないだの、
この前まであった100円ショップの包装紙が売り切れていたりなど、その程度のしょぼい話なのだがどうも悔しい。

ど田舎の大して広くもない店に欲しいもの全て揃っていると期待することがそもそも間違いなのか、
とにかく目測を誤っているようで悲しい気持ちになる。

ガチガチに対策を練ってくる人間ほどラッキーという名のツキが回って来ず、期待が外れたときにもろかったりするのだろうか。
たかが買い物の話から、一体何故こんな話になっているのだろう。

Comments are closed.